【1】無線LAN利用時の注意点

スマートフォンは、携帯電話会社が提供する回線だけでなく、フリーのアクセスポイントなどを通じて比較的容易に無線LAN(Wi-Fi)接続が可能です。
無線LAN(Wi-Fi)は、大容量でスピードも速く、動画を見たり大きなファイルをダウンロードしたりするのには適していますが、フィルタリングサービスを利用していないと不適切なサイトへアクセスしてしまう可能性があります。

【2】アプリケーション利用時の注意点

スマートフォンでは、アプリケーションからもインターネットに接続することができ、フィルタリングを正しく設定してないと不適切なサイトへアクセスしてしまう可能性があります。また、そもそも青少年には不適切なアプリケーションも多くあり、フィルタリングや機能制限を行っていない場合、簡単にインストールできてしまいます。

【3】対策

有害情報などへのアクセスを防ぐため、フィルタリングサービス(※1)を利用しましょう。

青少年インターネット環境整備法 では、18歳未満の青少年が利用する携帯電話については、保護者が不要の申出をしない限り、フィルタリングの利用が条件となっています。)

 携帯電話会社が提供するフィルタリングを利用すれば、無線LAN接続でも有効となるフィルタリングや子供の学齢に応じたレベル設定や、カテゴリー別の閲覧可/不可の選択が可能です。フィルタリングの設定を確認するとともに、成長に合わせて子供と話し合いをしながら適切に変更をしてあげましょう。もちろん、危険防止のために子供に無線LAN(Wi-Fi)を使わせないようにすることもできます。
 また、アプリについても、ダウンロード制限やインストール済みのアプリの起動制限を行うことが可能です。

【併せて確認!】

 OS(基本ソフト=iOS、Android、WindowsPhone OS など)の提供会社が運営するアプリケーションマーケット(※2)等は、個々のアプリに年齢レイティング(年齢指定による利用の目安)を行っています。スマートフォン本体の利用制限機能を使って子供の発達段階に応じたアプリのみを利用させることもできるようになっているので、これを利用するのもいいでしょう。
 携帯電話会社のフィルタリングが適用されない「iPhoneのアプリ」については、アプリの「アップストア」を削除したり、設定で「インストール」を制限するなど、保護者が子供と話し合ってアプリ利用を決める方法も効果的です。

 また、楽プレイヤーやゲーム機もインターネットに繋がる機種が多数販売されています。フィルタリングの設定方法は各機種によって異なりますので、必ず説明書で確認をしてください。一般財団法人インターネット協会で提供している『その時の場面集』にも、音楽プレイヤー・ゲーム機のフィルタリング方法の解説ページがありますので、ぜひご覧ください。


※1  携帯電話事業者が提供するフィルタリングサービスの主な機能一覧

NTTドコモKDDIソフトバンク
Android

spモードフィルタ
ファミリーブラウザ for docomo

安心アクセス for Android スマホ安心サービス
  1. Webアクセス時(携帯電話会社の回線、Wi-Fi接続)のフィルタリング機能
  2. 新規アプリケーションインストール制限
  3. アプリケーション起動制限
※ファミリーブラウザ for docomoの利用にはあんしんモードのインストールが必要
  1. Webアクセス時(携帯電話会社の回線、Wi-Fi接続)のフィルタリング機能
  2. 新規アプリケーションインストール制限
  3. インターネットアクセス、アプリ、通話の利用制限
  1. Webアクセス時(携帯電話会社の回線、Wi-Fi接続)のフィルタリング機能
  2. アプリケーションの利用制限

[オプションサービス]
利用時間管理、利用状況確認、位置情報確認

※Android4.0以上が対象

iOS spモードフィルタ
ファミリーブラウザ for docomo
安心アクセス for iOS

ウェブ安心サービス
Yahoo!あんしんねっと for SoftBank

Webアクセス時(携帯電話会社の回線、Wi-Fi接続)のフィルタリング機能

Webアクセス時(携帯電話会社の回線、Wi-Fi接続)のフィルタリング機能

Webアクセス時(携帯電話会社の回線、Wi-Fi接続)のフィルタリング機能

※2
アップル「iOS」のペアレンタルコントロール機能
グーグル「Playストア」のコンテンツフィルタリング機能 など